診療対象および診療内容

診療対象:ペットではない猫(野良猫、地域猫、保護猫)

※多頭飼育崩壊の依頼につきましては、電話にてご相談ください。

※飼い猫、飼い犬の診療は行っておりません。

診療内容:

1避妊・去勢手術

2ノラ猫の生活環境に起因する病気の初期治療(点滴や抗生剤等の投与)

3手術に伴うワクチン接種、ウィルス検査等の簡易的な血液検査、糞便検査等

(高度な医療機器は用意がありません)

※保護猫につきましては、術前の血液検査が可能です。その場合血液検査は外部の検査機関に依頼するため原則一泊お預かりし、翌日以降の手術になります。また採血は無麻酔下で行うため、採血時に猫に過度のストレスがかかる場合、あるいは人間側に危害を及ぼす恐れがある場合はお断りすることがあります。

※価格については、直接お問い合わせ下さい。