三重県さくらねこTNRプロジェクト参加レポート

先日、公益財団法人どうぶつ基金および三重県主催の出張手術にボランティアで参加してきました。
今回で2回目ということで、手術もさることながら手術以外の流れも無駄がなくスピーディーで、この日100匹近くあった手術もあっという間に終わってしまいました😱

手術の合間には、どうぶつ基金理事長である佐上さんから出張手術におけるアドバイスを頂いたり、師匠である山口獣医師をはじめ他の獣医師と情報交換ができたり、普段あまり機会のない他の先生の手術をみることもでき、いろいろと参考になることも多く大変有意義な参加でした✨

三重県職員の獣医師も、自分たちで何とかしたいという思いが強く、このような行政獣医師が全国に広がれば問題解決が加速するのではと感じてきました。

Mobile VET Officeでは、安全かつ効率がよくそしてキレイな手術ができるよう、今後もこうしたボランティア参加を通じて日々技術向上に努めていきたいと考えています。そしてより多くの地域に不妊手術を浸透させることができるよう、いろいろな場所に赴き、より多くの方々と「全ての命が大切にされる社会」を目指していきたいです。

三重県さくらねこTNRプロジェクト参加レポート” に対して1件のコメントがあります。

  1. 内山 義英 より:

    平成30年度以降の予定はありますか?
    津市の島崎町あたりには避妊、去勢された地域猫がたくさんいるのですが、まだ空き家などに住み着いた完全な野良もいます。エサはみんなであげているのですが、捕まえて避妊とかするとなると協力して頂けるととても助かります。
    少額ですが寄付もしたいと思っています。
    どうかよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です